ブロガーっぽい話し方

みなさんこんにちは@@@です。

本日はですねブロガーっぽい話し方についてお話ししていきたいと思います。

みたいな感じの話し方に嫌気がさしました。

僕はもともと三日坊主なんですけどね、ブログ初めて3日はたってるんですよ。

これって凄いことで、小学生の時は夏休みの宿題初日で終わらせるぞって初日だけ意気込んで結局未提出だったり、中学は3年生の時は不登校でしたし、高校なんて1年で退学したし、センター試験の時も今日から16時間勉強したるでって予定を立てたのに一日も達成したことなかったしもともとの性格上一人で何かを続けることって苦手なんですね。

それが誰かと一緒に競争しながらやったり、友達とゲームをずっとやったり目の前に同じことをする人がいれば無限にできるんです。

そんな僕が誰も見てない、知る人もいないブログをこうやって三日以上達成できたってことはなかなかに優秀なことだと思います。

ある賢者が言っていたように「何かを得るためにはそれと同等の対価が必要」

だとしたら僕はこのブログを続けるに当たって何かを犠牲にしたはずなんですが

それが何かっていうと冒頭に書いた

ブロガーっぽい話し方

だと思うんですよ。

ブロガーとかアフィリエイターとかって総じて不謹慎なぐらい丁寧な話し方だと思いません?

あれなんなんだろうって個人的に2分ぐらい考えた内容について今日は話そうかなって思います。

あれ?なんだかブロガーっぽい話し方になってきてる?

「できる人」の話し方&コミュニケーション術 できる人シリーズ

ちょっと自分頭いいでしょうぶってる。

これに限ります。

やっぱり、ブロガーとかアフィリエイターたるもの周りから

「この人の言ってることは正しそう」とか思われなきゃいけないわけでして、

アフィリエイターが

「さくらーオデねーこの商品がオススメだじょーーアヒャヒャヒャ」とか

滲み出す混濁の紋章、不遜なる狂気の器、湧き上がり・否定し・痺れ・瞬き・眠りを妨げる
爬行(はこう)する鉄の王女絶えず自壊する泥の人形結合せよ反発せよ地に満ち 己の無力を知れ 月収100万円の稼ぎ方」とか

「オホホホ本日もわたくし執筆いたしました。ブログ文字数は53万です。」とか

なんかわけわかんねーキャラ設定でブログ書いたり、商品説明したら情報商材売ったりしてても誰も見向きもしないわけ。

とにかく正しそうって思われるにはそれっぽい敬語と難しいお洒落なカタカナ使って丁寧に話せば

「よくわかんねーけどマジもんだわ。って読者を騙せるわけよ。

まぁしらないけど。

視認性を良くして読者を引き止める

よくSNSとかで見るんですけど無駄に改行無駄に絵文字で、すげ眩しいツイートが流れてくるんですけど大体アフィリエイターかなんかなの。

バリバリブログやってます的な感じでハッシュタグとか使って「僕なんて最近やっとハッシュタグとハッシュドポテトの違いがわかってきたのに」なんてクソつまんねーこと考えてる間に彼らは絵文字を句読点がわりにバリバリ使ってるの。

でもこれって結構理にかなってて

まぁフォローする友達のいないみなさんにはわからないのかもしれませんが、

あまりにフォローしてる人がいるとツイートをいちいち見ないでスクロールでバッとどんどん流しちゃう時もあるの。

その時に改行とか使った長い行の文だと比較的止まった時に目に入りやすいってのがある。

それと絵文字もそうで僕みたいなここまで絵文字使って無いようなブログなんかより絵文字バリバリ星人のブログってのは非常に読みやすいし華やかで飽きがない。

最近の人は結構文章をよく読む人が減ってきてるからそういう人たちのニーズを満たすのはやっぱり文章より印象を残せる絵文字や画像を多用する必要があるのだと思う。

だから僕もツイートをするとき内心めんどくさいながらもいちいちそれっぽい絵文字を検索してるんだけどなかなか無いのね。

うどん食ってもうどんの絵文字なんて出てこないしいちいち絵文字アプリダウンロードすんの億劫だしって思って、

そう考えたら絵文字を適切に使える彼らって結構努力家。

いかに読みやすく印象に残るからを考えて僕のようにとりあえず語尾に☀️こういうんつけてればいいかみたいなのがない。

こういうんは僕も真似していきたい。

伝え方が9割

敵を増やさない

これもある。

結構有名な人とかが言葉遣い汚かっただけであーだこーだいって世界で一番時間の無駄な使い方してるアンチ先生がいるわけでそういうひとたちに付け入る隙を与えないようになるべく常日頃の態度を改めてるっていうのがわかる。

人に嫌悪感を抱かせないように話してる。

ユーチューブをあんまり見ないんですけどヒカキンさんの視聴者って殆どが子供だと思うんですけどね、

それなのに彼は常に丁寧な喋り方で大人の自分たちでも見ていて不快に思うことはない。

こういう些細なことで揉め事に発展しないように彼らはあのような話方に落ち着くのかな。

ちなみにヒカキンさんの動画も見てないから上の話は適当に言っただけだけど多分そうだと思う。

ヒカキンさんが動画でタメ口使ってたらごめん。

敵を増やさないってのもそうだし、だいたいアンチ先生って言葉遣い悪いでしょ?

そういう時にこっちが丁寧な言葉使いで話してあげると余裕があるように見えて周りから好印象が抱かれる。

「何ムキになってんの」とかそういうこと言われるスキを与えない。

で、

それでも僕はああいう話し方をすると話す内容より丁寧な話し方ってことを意識しちゃって、思ったことが言えなかったりすることが多々ある。

こうやって敬語とかごちゃ混ぜになってるけど言いたいことずらずら言えてる方がスッキリするから次からこういう話し方もありだなって感じたわけよ。

こういうブログもあっていいんじゃない?

誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事