【初心者必見】cocoonで吹き出しを作る方法
僕(闇)
僕(闇)

どうもみなさんおはこんばんにちは弟者(オトジャ)です。

僕(光)
僕(光)

いいえ、@@@です。

僕(闇)
僕(闇)

cocoonの吹き出しを作る方法って知ってる?

僕(光)
僕(光)

知ってるし知らなかったら今この世界にお前はいないよ

僕(闇)
僕(闇)

cocoonの吹き出しを作る方法を教えるよ!

僕(光)
僕(光)

人の話をきけ

何番煎じか知らないけど【 cocoonの吹き出しを作る方法 】


本日はcocoonの吹き出しを作る方法をテーマにしています。

Q1:どうして今更cocoonの吹き出しなんですか?

cocoonの吹き出しってくそ簡単だからブロガーの初心者でもわかりやすいのよね、

それをちょっと気取って

僕(闇)
僕(闇)

しゃーね、俺が教えてやるで

みたいな人が多くてそのうち、「cocoonの吹き出しを作る方法」

ってブロガーの登竜門的立ち位置なってるんですよね。

なので、僕もそろそろこのcocoonブロガーの通ってきた軌跡を歩みたいなと思い書いてみました。

なのでこの記事を読んで

僕(闇)
僕(闇)

ぱねぇこの人cocoonマスターじゃん

とか思わないようにしてほしいです。

吹き出しは作れるけどいまだにワードプレスがなんなのか僕はあまり理解していません。

本当にcocoonについて学びたいならcocoon製作者のわいひらさんのサイトへどうぞ。

Q2:早く教えてくれませんか?

うるせえ今から書くわ。

【 cocoonの吹き出しを作る方法 】 STEP1:「吹き出しを作る」

その1: まずはダッシュボードを開き「cocoon 設定」→「吹き出し」をクリック。

その2: 現在登録されている「吹き出し一覧ページ」が表示されるので「新規作成」をクリック。

その3:上記をすべて記入したら「保存」をクリック。

これが一通りの流れです。

【 cocoonの吹き出しを作る方法 】 STEP2:各項目の説明

僕(闇)
僕(闇)

どれに何を入力すればいいのかわからない・・・

僕(光)
僕(光)

お前が教えてやるいったやんけ、、、

タイトル

タイトルは上記に赤線で囲った吹き出しの「名前」です。

このタイトルは吹き出しを選択するときの項目に出てくるだけなので、

直接記事の中には表示されません。


むかつくあいつの名前や、ちょっと気になるあの子の名前、

なんでもいいのでわかりやすい名前を付けちゃいましょう。

名前

名前は実際に吹き出しを使用したとき、アイコンの下に表示されるものです。

この名前はほかの人に見られちゃうので、見られても困らないように付けましょう。

アイコンのキャラクターに名前をつけたほうが、読者にもわかりやすいです。

アイコン画像

アイコン画像は実際に使用したときに表示される画像です。

誰が言ったのか、どんなキャラが言ったのか、

自分のブログで登場させるキャラクター達の画像を登録しましょう。

吹き出しのスタイル

吹き出しのスタイルはこちらの4つになります。

違いがあるのかどうかわからないので好きなのをどうぞ。

人物位置

人物位置は使用時の向きを変えることができます。

僕(闇)
僕(闇)

ほらほらぼくはこっちだよ

僕(闇)
僕(闇)

こっちにもいるのさ

うざくない程度に移動させてください。

アイコンスタイル

アイコンは丸形か四角形で選べます。

枠線の有り無しがも選べますが、マジで枠線にこだわってる人いるんですかね?

最近ラインのアイコンも丸いので丸形が多い印象です。

TinyMCE

ビジュアルエディター時にドロップダウンリストに表示するかどうかの選択です。

通常時にチェックが入っていますし、使いから編集するのでそのままで大丈夫です。

【 cocoonの吹き出しを作る方法 】 STEP3:実際に使ってみる

それでは実際に使ってみましょう。

ビジュアルエディタモードで「+」をクリックすることでブロックを作成できます。

「Cocoonブロック」の項目に「吹き出し」があるのでそれをクリックで作成できます。

出てきた吹き出しに右の設定から項目を選んで使いたい吹き出しを選びます。

※練習してたら「祖母」がめちゃくちゃ増えた。

色の変更などは下の項目から選んで変えることができるし、

先ほど設定したアイコンの向きとかもあとから変更できるよ。

【 cocoonの吹き出しを作る方法 】まとめ

僕(闇)
僕(闇)

簡単だったでしょ?

僕(光)
僕(光)

まぁCocoon ブロガーの登竜門としては 余裕だったな。

以上でCocoonで吹き出しを作る方法でした。

ちょっとおバカなキャラ、突っ込みキャラ、まとめキャラ、

好きなアイコンを使って楽しい会話形式のブログを作れば読者も読みやすくていいですよ。

※僕はキャラが思いつかないため、一人二役をやっています。

それではまたの機会!



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事