ビジネスにおける必要な考え方【MECE】とは
僕(闇)
僕(闇)

どうもみなさんおはこんばんにちは弟者(オトジャ)でs・・・

僕(光)
僕(光)

いいえ、@@@です。

僕(闇)
僕(闇)

ブログ運営においてマーケティングの知識って必要だよね。

僕(光)
僕(光)

今日はロジカルシンキングを行う上で必要なMECEについて学んでいこう

スポンサーリンク

【MECE】とは?

 

MECEとはMutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略です。

 

 

僕(光)
僕(光)

「全体的に漏れることも、重複することもなく」って意味だよ。
一般的にMECEは「ミッシー」って呼ばれているよ。

 

アイディアを考えたり、物事を分析する際に抜け目がないか、

全体的に漏れも重複もないか確認するために行われる考え方のことです。

物事の全体像とらえることはロジカルシンキングを行う上で必要な手法です。

MECEの必要性


MECEを行う必要性は大きく分けて4つあります。


ロジカルに物事を考える上で、漏れやヌケがあると

結論を支える主張の信頼性がなくなります

正しく円滑な議論を進めるためにもMECEの考え方は必要です。

MECEの状態とそうでない状態


では、どんな状態がMECEでドン状態がMECEではないのか例を出してみましょう。

MECEの状態は全体を漏れなく重複なく網羅している。


MECEの状態とは全体を漏れなく重複なく網羅している状態のことです。

例えば左記のような年齢別にアンケートを取った場合、

0歳から10代まで、10代、20代、と続き60代かそれ以上と

全体を漏れなく重複なく網羅しています。

右記では出身別で日本全国すべて網羅しています。

それではMECEではない場合はどのような状態でしょうか?

MECEの状態ではない場合

今度はこちらのグラフを例に出してみました。

左が携帯を使用しているユーザーの使っている機種で、

ある雑誌の読者の分類です。

一見グラフはすべて埋まっているのでMECEの状態であると思うかもしれませんが、

左のグラフでは携帯電話の機種を網羅しているとは思えません。

AQUOSやOPPO、arrowsなどほかの機種が存在しますし、

そもそもガラケーを使っている人もいます。

右のグラフでは子供と大人、男性と女性はそれぞれ反対言葉で網羅いるため、

こちらもMECEの状態であると思うかもしれませんが、

子供と大人の中に男性と女性はいるわけですし(逆もまたしかり)、

網羅はしているけど重複しているためMECEの状態であるとは言えません。

僕(闇)
僕(闇)

だんだん難しくなってきた。

プリンはキャラメルとキャラメルじゃない部分があって初めてプリンというMECEの状態であって、キャラメルプリンだと重複するし、生クリームプリンだとキャラメルがないので網羅していないってこと?

僕(光)
僕(光)

何の話してるのか分からないけど、
最初から君には説明してないから安心して。

 

MECEの状態とそうでない状態

もう一度MECEの状態とそうでない状態をおさらいしましょう。

ビジネスシーンでは答えのない問題を解決するために様々な角度から物事を考える必要があります。

その際に複雑な問題を複雑なまま扱ってしまうと漏れや重複などにより、

話し合いが円滑に進まない場合や、後から課題点が見つかるなどのミスが生じます。

物事の全体像を的確に判断し、分類化することで問題の早期解決へ繋がるため

正しい MECEによる手法を覚えておく必要はあるでしょう。

スポンサーリンク

ブログ運営におけるMECEの例


問題解決にあたりまずは全体像を把握することが大切です。

全体を把握しないままおそらく問題点はこうだろう、、、

と答えを出すといつまで立っても自分のミス気づくことはできません。

主観を捨てて客観的に物事を考える必要があります。

MECEでの考え方を行う場合ロジックツリーを使った方法がよくつかわれます。

単純に「収益を上げる」方法を考えていた場合、

「収益を上げるには顧客を増やすべきだな」と主観的に決めつけてしまうことがあります。

収益を上げるには顧客を増やす以外にも客単価を増やすことであげることが可能かもしれません。

あくまで上記は例ですが、このように問題解決にあたり、

客観的に見て思いつく限りを数珠つなぎに出していくことで

漏れなく抜け目なく行うことができる可能性が増えます。

PV数はもう十分高かった、、、じゃぁ問題点は客単価のほうにあるのかと自分では気づけなかった問題点を発見することができます。

ビジネスにおける必要な考え方【MECE】とは:まとめ


MECEとは結局は思考のプロセスであって、問題解決方法ではありません。

問題を明確にするために、複雑な問題を細分化することで

問題を解決しやすくなる方法です。

ブログ運営をしていて、行き詰ったとき、この後どうすればいいか迷ったとき、

今一度客観的に問題を見直してみてはいかがでしょうか。

新たな発見が見つかるかもしれません。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事