眼鏡市場のパーソナルカラ―診断を受けてみようとした。

こんにちは@@@です。

先日あるブロガーさんが眼鏡市場でパーソナルカラー診断?というのをやっていました。

ちょうど僕も仕事で予備の眼鏡が必要だったので、

「これは流れに乗るしかない」と思い眼鏡を作りに行こうと思いました。

そういえば最近ツイッターの

「今!ツイッターの波が来てます!」みたいなサーファーツイート見かけなくなりましたね。

全員溺れ死んだんですかね。

海の藻屑となって未来のフジツボとなることを願ってます。

適当に暇つぶしをしたいならこのブログ

パーソナルカラー診断について知りたい方はこのブログ

スポンサーリンク

眼鏡市場に行こう

本当は前の日に行くつもりだったのですが、

オンライン飲み会後のあまりの眠たさに1時間ほど仮眠をしようとしたところ、

11時間仮眠してしまい起きたときにはすでに眼鏡市場が終わっていました。

当日もいつものようにオンライン飲み会をしていたので

「朝起きて支度をする」という言葉で表現することができぬまま、

とりあえず睡魔と戦いつつも支度をします。


僕が抜けた後もつづくオンライン飲み会、

現在40時間ほど部屋を死守していますがいったいいつまでつづくことやら、、、

眼鏡市場は10時半からなので、その前にホームセンターにも向かいます。

コロナで活動自粛ということもあって、なかなか外に出られません。

極力外出の数は減らしたいということもあり、

「仕事で使うレインコートが必要」という大義名分を掲げてホームセンターによりました。(本当に必要です)

GWだからでしょうか?遊びに行く場所がないからといって、

ホームセンターを観光地代わりに使っている人もたくさんいました。

活動自粛、、、本当に意味あるのかな。

生活必需品といってもBBQセットとか買ってる人いましたし、

家にガスコンロがないのかな?

結局買い物自体は5分もかからなかったのに、

駐車場を出るまで40分以上の時間を使いました。

眼鏡市場が開店したのを見計らって電話をかけてみます。

prrrrr

はい、眼鏡市場です

あのー大野ですけどぉー

・・・眼鏡市場でパーソナルカラー診断って今からできますか?

ただいま絶賛コロナ中でして三密対策のため行っておりません

営業はしてるんですか?

パーソナルカラー診断以外は通常通り営業を行っております

三密とは?

 

ということで今回はパーソナルカラー診断ができませんでした。

三密の定義について彼らに詳しく問いただしたいのですが、

みなさんパーソナルカラー診断をやるときには、しっかり電話確認してからいきましょう。

眼鏡市場に来たよ

さてそんなこんなで眼鏡市場に来たのですが、

お店に入った瞬間にぐいぐい店員さんが近づいてくる。

ソーシャルディスタンスについて間違った知識を手にしてしまったド近眼なのでしょうか?

僕なんかより彼の眼鏡の度を合わせるのが先だと思うぐらい近づいてきます。

「いやこの距離が大丈夫ならパーソナルカラー診断もできるだろ」

とツッコみたい気持ちを我慢して案内していただきました。

眼鏡市場で眼鏡を作るまで

眼鏡を作りに来たからには視力検査をしなくてはなにもはじまりません。

眼鏡市場の眼鏡作成手順は

  • 現在使用している眼鏡の度数を調べてもらう
  • 視力検査をして眼鏡の度数があっているか調べる
  • 新しい眼鏡を選んで作成

になります。

視力の低い僕たちにとって眼鏡は目そのものですので、

最初の工程である「現在使用している眼鏡の度数を調べてもらう」のが苦痛でした。

眼鏡をはずされて

「店内自由に見ていいですからね」といわれ放置されても

自由の翼をもがれた僕はおとなしく椅子に座ることしかできませんでした。


籠の中から見る景色はとってもきれいでした。

視力検査が終わった後は新しく作る眼鏡の度になれるために、

世のクソ眼鏡共が忌み嫌うあの丸眼鏡をつけさせていただきました。

もうこれでいいのではないしょうか?

このまま街をあるけばファインボーイズあたりの雑誌に特集を組まれること間違いなしです。

ど近眼のためメガネをかけると目が小さくなってしまうのですがご愛敬。


よく見るとジーパンのチャックがあきっぱのままどや顔でポーズをとっていました。

そしてお次は実際に眼鏡を選んで作ってもらうのですが、

あいにく本日は忙しくて作成までに3時間かかるとのこと、、、

他のブログを読んで30分ほどとか言っていたので完全に甘く見てました。

こういうのはちゃんと教えてほしかったですね、リライトを願います。

急きょ時間が開いてしまったので、一度お家に帰り、

受け渡し予定時間の15時に再度訪問しました。

眼鏡完成


パーソナルカラー診断ができなかったこともあって、選択肢がすべて自分にゆだねられてしまったこともあり、

いつもの黒眼鏡と変わらない眼鏡でした。

どうせパーソナルカラー診断をしても

「黒、、でいいんじゃないですかね?」とか言われそうなので特にやる必要もなかったと思います。

逆にピンクとか言われてもそれにしなくてはいけない圧に耐え切れず、

結局黒にする未来が見えてました。

本日は最後まで何がしたいのかわかりませんでしたが、

眼鏡を作るという目的を完了できたので、よかったと思います。

パーソナルカラー診断について知りたい方は、別ブログを参照にしてください。

パーソナルカラー診断について知りたい方へ



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事