パクリパクラレパクロンパ

おひさしぶりです@@@です。

 

有名人になるにつれてパクリや盗作が増えるのはよくあることです、

 

有名税だと割り切ってしまう人も、

裁判までもっていく人もそれぞれですが良い気持ちがしないのは確かですよね。

 

僕もブログをやっていて記事をパクられたりしたことがあります。

 

といえればよかったんですけど、特にそんなことはないので毎日平和です。

 

 

それでですね今回「パクリはやめよう!」とか「盗作だめ、絶対」とかそういうことを言いたいわけではなくてですね、

 

 

むしろ「パクられました、、、orz」と騒いでいる人たちに

 

それ、、本当にパクリですか?と説いてみたいなぁと思いました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

パクリの定義を教えてちょんまげ

 

僕が普段から利用しているTwitterやブログ内でよく

「パクられました」と投稿されているのを見かけます。

 

こないだはブログのデザインについてパクられたと書いてありましたが、

 

比較した画像をみても特に何も思わないんですよね。

 

えっこれ本当にぱくりなの?って

 

まずどの部分に対していってるのかすらわからない。そんな感じ。

 

騒いでるのは本人だけでぶっちゃけ周りから見たらわからないんじゃないのかなぁって

 

結局これってパクリの定義が曖昧なのがいけないんだと思います。

 

よく言えば参考にする。悪く言えばパクる。

 

どっからどこまでという境界線があいまいみーまいんなんです。

 

それでも一人が騒ぐと信者が「これはパクリだ!!」「ひどいなんてありさまだ」

 

と次々と囃し立てて媚びを売るから問題に発展するのかなって。

 

 

結局数の暴力みたいな。

 

それはもちろんパクるのは良くないと思うんですけどね、

 

本当にパクったのかって本人じゃなきゃわからないじゃないですか、

 

わざわざ声を大にして仲間に知らせて文句垂れるのは違うんじゃないのかなって、

 

事実確認が先なんじゃないのかなって。

 

「パクったろ!!」「参考にしました、、」「じゃぁそれはパクリだ!!」

 

って言われちゃったらおしまいなんですよ。

 

なによりさんざん騒いだ挙句「話し合いの結果先ほどのツイートは消すことになりました」とか

 

ネットリテラシーについてさんざん言ってる今のご時世で消せばいいと思ってるという考えも好きになれないんですよね。

 

僕は消したからね?もう無関係だからね?まぁでもそれでも一度広まったパクリ疑惑は消せないよ?

 

まぁ僕は消したからもう知らないからね?みたいな性格の悪さを感じます。

 

 

パクリを騒ぐならノウハウも有料noteも情報も何も与えなければよくない?発言すんな。

 

有益ぶって発信してる割に参考にしたらパクリって、、じゃぁ黙れ。

 

 

 

 

だからさ、もう誰かがパクリの定義を決めたほうがいいと思うの、

 

「ブログの勉強のために検索ランク10位までの記事には目を通します!!」とかやっててもさ、

 

絶対それ似ちゃうじゃん?

 

誰でも検索順位は上位になりたいし、

 

上位を参考にしたら似ちゃうじゃん?

 

コピペじゃなくても似てたらパクリって言われたらもうどうしようないじゃん。

 

だからもうちゃんとだれか決めて。

 

 

僕からしたら

「本人が騒ぐまで気づかないならそれはパクリじゃない。」

 

血眼になってパクリを探してる本人の言葉は1ナノミクロンの価値もない。

 

 

パクられる程度のクオリティならパクリじゃない

 

でここから今日僕がいいたいことなんですけど

 

 

「ブログにはオリジナリティを出しましょう」とか「イラストの個性的なタッチや世界観」とかさんざんいってるわりには

 

「パクられました」って

 

 

えっ?オリジナリティは?世界観は?

 

あなたの考えるオリジナリティはそんな簡単にパクられてしまう技術なの?って、、

 

勝手にあなたの世界にお邪魔させていただいてますけどセキュリティ大丈夫ですか?って

 

セコムしてますか?って

 

 

 

僕が思うのはね、パクられる程度のものに個性もクソもないと思うですよ。

 

本当の個性や凄い作品ってのは真似しようと思ってもできない。

 

自分の技術が追いつかない。

 

逆に言えばもしパクられるレベルのものだったらたぶん探せばずっと前に誰かがすでにやってる。

 

決してあなたが最初じゃない自惚れるなと僕は言いたい。

 

 

 

 

ブログじゃないんですけど、

 

Twitterでの投稿においてあれ?僕とちょっと似てるなとか、、、

 

前僕が言ってたことだとかよくあります。

 

自分の使っていたギャグが時を超えて使われていたり、

 

しかも自分の時は無視されていたのに、インフルエンサーになるとたくさん反応貰ってるみたいな。

 

 

それでも「まぁ別に誰でも考えそうなもんだし、、」と思ってます。

 

 

 

例えばですね僕のツイートでいえば「おはよう世界」と毎朝つぶやいているのですが、

 

なんとなく頭に思い浮かんで適当に今日も平和な一日を世界に感謝しているというような

 

まぁ今適当につけた理由でつぶやいているのですけど、

 

これ別に誰かのパクったわけでもないんですよね。

 

それでも「おはよう世界」と検索すると僕よりも前にいろいろな人が言ってるの。

 

これをもし「パクリだやめろ」って言われても「はぁ?」としか言えないんですよ。

 

誰でも考えるレベルのことを「パクリだやめろ」といわれるんですよ。

 

僕が「今日の積み上げ→生きた」とか「くそした」とか「文字数」とか適当なこと言ってるときは無視してるくせに、

 

インフルエンサーがちょっとボケかますと「キャッキャッキャッキャ」とかちやほやされるんですよ。

 

ふざけんなって話ですよ。

 

それでもこれだけの人間がいるんですからそっくりそのまま同じ文章ができてもなんら不思議ではない。

 

僕はツイートのネタをパクられようがブログのネタをパクられようが何も思わない。

 

なぜなら本当のオリジナリティのある作品とは誰にも真似ができないものだから。

 

 

 

 

 

参考にしてもその人と同じには絶対にできない。

 

 

たとえパクられてもオリジナルの僕が負けるわけないし、

 

もし相手のほうが良かったら今度は僕が参考にすればいい。

 

そうやって作品は良くなっていく。

 

スポンサーリンク

個性ってなんだろうね

 

人それぞれがみんな全く別のことを考えていたら世の中に「共感」という言葉生まれなかったと思います。

 

 

共感されればされるほどその作品のオリジナリティはなくなります。

 

オリジナリティがあればあるほど人から共感されることは少なくなり、

 

マイノリティとして人々から蔑まれることってのは天動説の時代から証明されています。

 

 

人から共感を得たいインフルエンサーと個性を出せというインフルエンサーってのは端から矛盾してるんです。

 

「個性をだせ」というのは「共感されるな」ということです。

 

 

 

 

本当の天才たちが作り出した作品や文学、数学の証明、発明

 

一長一短で真似できるものではありません。

 

それなりの努力が必要ですし、そこまでの努力をすればきっと自分だけのオリジナルができるはずです。

 

 

そうだというのに

 

いまだに「パクられた」「盗作された」というのは

 

自分のレベルが「簡単にパクられる程度の低いレベルのものです」といってるのと変わりません。

 

 

なにより本当にまるまるコピペやまるまるトレースなら時系列から判断して完璧に黒だといえるものです。

 

騒いでるものの大半が

 

「ネタがパクられた」「デザインが少し変えてるけど大本一緒」「ツイートパクられた」

 

と低レベルで話してます。

 

同じ人間として恥ずかしい。

 

自分より後を探すより自分より前を探してみてほしい。

 

きっと見つかるから。

 

誰もがみんな二番煎じ。

 

そんな今日この頃。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事