【男性必見】今付き合ってる彼女と結婚を決意するタイミングは「彼女が腋毛を剃らなくなった時」

みなさんこんにちは@@@です。

今付き合ってる彼女といつ結婚しようかなぁなんて悩んでいる男性はいると思います。

「大好きだけどこの先何があるのかわからない。」

「結婚生活が上手くいくか不安。」

そんな悩みを今回は僕が解決してあげようと思います。

スポンサーリンク

今付き合ってる彼女と結婚を決意するタイミングは「彼女が腋毛を剃らなくなった時」

もうね、これ真理。

わかる人にはもうこの一言だけで理解してくれるぐらいの真理。

僕が錬金術師だったら弟も自分も無傷であそこから帰ってくるレベル。

人体錬成とか毎晩できる。

そんな真理に気づいてしまったのですが、

国家錬金術師の僕の言葉を理解できない無能力者がいるのも事実。

今回はやさしく僕がこの説について説いてあげようと思います。

付き合えていたのに離婚するのはギャップの問題

まぁ結局はこれなんですよね。

あれだけ仲良く付き合えていたのに、

結婚生活がうまくいかないのは付き合っている時と結婚してからのギャップが存在するからです。

付き合っている時って外で会うことが多いわけで、

お互い完璧なパフォーマンスを維持できるように入念な下準備をしてデートに挑むわけです。

そのせいで、外ではとってもかわいくて愛らしい彼女。

さぞかし家でもメルヘンの国のお姫様として暮らしているのでしょう。

そんな妄想をしてしまう男性がいるわけです。

自分が家ではずぼらで自堕落な人生を送っているのにどうしてきづかない。

彼女たちもまた外と家での二面性を持つことは己が身で体験しているのに、、、

そんなギャップから生まれた小さな歪がやがて大きくなり、

「昔はそんなんじゃなかった」

と別れを決意する人が多い。

子供ができてから変わった。

子を持つ母は強いといいます。

子を持つ母は強いです、しかし家族をもつ父も強いです。

お互いがお互いを守ろうとしてゆえに

徐々にすれ違ってしまう二人。

これを子供のせいにしてしまうのもよくない。

子供を産む前にしっかりと話し合いをするべきなんです。

「ちゃんとしたのに、、結婚してから変わった」

それはちゃんとしてません。

お互いがデート用のパーフェクトヒューマン状態で会話をしているのですから、

そんなのは互いに都合のいい話しかしません。

話をしているようでしていない。

化けの皮のかぶりあい。

じゃぁどのタイミングで話し合えばいいの?

それは

「彼女が腋毛を剃らなくなった時」です。

「彼女が腋毛を剃らなくなった時」

女の子ってのはかわいいもので、

普段はモリゾーとキッコロのように体毛もじゃもじゃで過ごしているくせに、

デート前日にはしっかりお風呂で腋毛を剃ってくるものです。

そうでありたい。

そんなモリゾーたちがつるつるのゆで卵になってデートに行くのです。

しかし、普段モリゾーとして住民票が樹海で登録されていそうな彼女たちが、

「本音を言うわけない」

と僕は思うのです。

本音は腋毛ともに排水溝に流されパイプユニッシュでこの世から浄化させている彼女と

結婚の話をしても意味がないのではないでしょうか?

彼女が腋毛を剃るタイミングを作らせないように毎日一緒にいて、

毎日腋毛の成長記録をとってこそ男の中の男というものです。

「俺の前では一生綺麗でいてくれよな」

そんな言葉は彼女に裸同然で樹海に住んでくれと頼んでいるようなものです。

夜の樹海は寒い。

あなたの言葉に従い、

一生体毛を剃り続けたモリゾーはどうなるででしょう。

凍え死ぬに決まってるでしょう。

生と死の狭間で揺らいでいるモリゾーが攻撃的になるのもわかります。

冬越せないよそれじゃぁ。

「好きな人の前で一生綺麗にいたい」は腋毛を冒涜してる

こういう話をすると「結婚しても好きな人の前では一生綺麗にいたい」

そんな女性陣からの反論が聞こえてきそうですが、

あえて言わせてもらおう

「腋毛を冒涜するな」

好きな人の前では一生綺麗にいたい、、

その心意気は立派です。

「結婚してからも旦那の前ではしっかりと腋毛剃ってます」

そんな人もいるかもしれません。

ですがそれ何年続けられます?

今はまだ若くて結婚生活も数年かそこらの人たちが良くそんな言葉を言えたもんだなと、

これがあと、数十年続けることはできるのですか?

「都内某所で86歳の女性が風呂場で死んでいるのが発見されました。

死因は腋毛を剃る際にした出血死によるものです。」

あと数年後にはこのようなニュースが流れ始めてくると思います。

どうしたって腋毛をそれる年齢には限界があります。

カミソリ負けするようなよぼよぼな皮膚では

腋毛と一緒に命まで削ってしまうのは目に見えています。

そんな未来のことも考えれず

「結婚しても好きな人の前では一生綺麗にいたい」

腋毛以前にもっと気にすることがあるだうろ。

綺麗になるためのに腋毛を犠牲にするなんて言語道断。

男性諸君も惑わされてはいけません。

「腋毛を剃る女性」はうそつきです。

つるつるの無防備の体に隠されているのはカミソリです。

これであなたの首をねらっているのです。

時はさかのぼりますが武士の時代。

握手は互いの利き手(主に右手)でかわすために

刀を持つ手が使えない。

つまり互いに敵意はないことを表しています。

そんな風習が女性たちにもありました。

互いの体毛を見せ合い、

カミソリを持っていないことを確かめる。

これが女性たちの間で行われていた敵意のない表し方です。

そんな風習もいつしか腋毛とともに時代という名の風呂場に取り残され、

いつしか人々は体毛がない=敵意のないと誤解してしまっているようです。

これを今一度現代の男性に意識してほしい。

そして声を大にしていってほしい。

「腋毛を冒涜しているのは@@@、お前だと」

信頼関係に比例して腋毛は伸びる

そうはいっても、付き合っていると徐々に回数の増えてくる

「えっごめん今日剃ってくるの忘れちゃった♡」

かわいいてへぺろな女性の仕草に

「(若干引くわ)」そう思っている男性もいます。

男性とは自分の彼女や奥さんを他人に自慢したがりなのです。

常に綺麗な女性を自慢して、他の男性からうらやましがられたい。

そんな男性と女性の価値観の違いが後々の別れへと発展してしまうのであるならば、

男性諸君には今一度心に刻んでほしい言葉があります。

「信頼関係に比例して腋毛は伸びる」

腋毛が伸び始めたら恋が愛に変わった証拠

「彼女が腋毛を剃らなくなった」

「もう愛がないのかな」

そんなことで悩んでしまっている男性陣の皆さん。

違います。

腋毛が伸び始めてからが愛なんです。

腋毛が剃られている状態の恋愛ってのは「恋」の状態です。

お互い好きになってほしい。

互いに向き合って恋愛をする。

それが「恋」です。

そして腋毛が伸び始めるとともに、

今まで向かいあっていた二人は同じ方向を向き二人で人生を歩み始めます。

これが「愛」です。


せっかく二人が「恋」を「愛」の形にしたのに、

ここで男性陣がそっぽを向いては意味がありません。

幻滅なんてしないで、

「腋毛を剃れ」なんて言わないで

あなたを愛している証拠です。

一度伸びた腋毛が剃られたら別れる合図

腋毛の伸びた彼女に幻滅して冷たくなる日々、

とうとう彼女が腋毛を剃ってきた。

ようやく僕の気持ちが通じたか。

よーしこれから二人で愛を育もう。

と能天気な男性がいます。

しかしあえて言わせてもらいます。

「一度伸びた腋毛が剃られたら別れる合図」

です。

どういうことかまだわかりませんか?

随分鈍いですね。

錬金術の基本は「理解・分解・再構築」

理解せずに愛を再構築することは不可能です。

端的に言いますとこれは、

「あなたのために剃っているわけじゃない」

どうですか?びっくりしましたか?

腋毛を剃った彼女に幻滅したあなたは日々彼女に冷たい態度を取り、

彼女を悲しませていたでしょう。

そんな一人寂しく涙している彼女のもとに現れた一人の男性。

彼女は恋をしました。

恋をしたら女性がどうするかはわかっていると思います。

そうです、腋毛を剃ります。

あなたも知っているでしょう。

昔懐かしい彼女が剃っていた腋毛のことを、、

腋毛を剃って喜んでいるのは能天気なあなただけ、

腋毛を剃り始めたら別れの合図です。

彼女との思い出と二度と生えることない腋毛を持って家を出ましょう。

スポンサーリンク

【男性必見】今付き合ってる彼女と結婚を決意するタイミングは「彼女が腋毛を剃らなくなった時」まとめ

ここまではなして、あなたたちの結婚生活がどうしてうまくいかないのかわかったと思います。

  • 腋毛が生えていないときに結婚を決意した。
  • 腋毛が生えていた彼女に幻滅した。
  • 腋毛を再度剃ったのは自分のためだと錯覚した。

最初から男性は女性のことを何も理解していないのです。

初めからすれ違っていたのです。

腋毛で前が見えなく盲目になった恋愛などうまくいきません。

今お付き合いされていて結婚を考えている方、

結婚したけどこの先が不安の方、

もう一度パートナーと腋毛の在り方について話し合っていただきたいです。

駆け足となってしまいましたが、

足の指毛をいじっていたら唐突に浮かんだブログネタだったので

一発書きさせてもらいました。

それではよい恋愛ライフを!



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事